サムイ文章でごめんなさい


私にとって死ぬということはまだ、
灰と、少しの骨になるということ。
まだ、切ないこと。

哀しみと後悔が少しで済んだのは
あなたが一生懸命生きていたことと、
あなたの周りがとても幸せだったことを知っているから。