一番愛しい人は
一番憎むべき人であることもある

あの子に必要なことは
これからを生き抜く術

たったの数日で生まれたのは
無意味な同情だけ