日が沈み切るまでの四畳半の空間



この町を出て行く日のことを考えていた。

誰にも選ばれないこと分かってる

私はいいの。

洋楽の和訳は見ないことにしてる