読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニーナの為に

 

待ち合わせ場所で彼女は花束を抱えて立っていた。誕生日でも、何でもない日だった。春が過ぎたくらいから始めた文通の返事が来ないなと思っていたが、何度も書いてはゴミ箱へ、書いてはゴミ箱へを繰り返しているうちに冬になったと、申し訳なさそうに、恥ずかしそうに、手渡してくれた。

 

彼女が選んだくれたお店で、二人共エビとアボカドのナンを食べた。住みたいねと二人して言うほどに素敵な店内で、こだわりの強そうなマスターの趣味なのか沢山のギターとギターケースが壁に立て掛けらていたり、古い黒電話があった。その古い黒電話が鳴って使えることが判明した時は、お喋りしてたのに思わず中断してしまうほど二人で驚いたなぁ。。最近好きな音楽の話、前に薦め合った本や曲の感想、大学生活、卒業論文やクリスマスのことなんかで話に花が咲いた。

 

気付けば3時前になっていて、私と彼女はその店を後にした。1年前に散歩した公園を散歩しようと張り切っていたのに、外のあまりの寒さに、二人とも思いの外散歩を楽しめなくて笑った。途中にいた全然懐かない猫ちゃんがとても可愛いかったなぁ。彼女は、猫にお尻を見せると信頼が築ける!と言い張りしばらくお尻を向けていたが全然駄目だった。私は後ろで声を出して笑っていた。

 

暖を取ろうと百貨店に入った。普段一人では回らないフロアも二人で一々騒いでいた。本屋で、彼女に薦められたインゲボルク・バッハマンの三十歳という本を買った。

 

百貨店を出て、近くの純喫茶へと向かった。ずっと気になっていた喫茶店で、店内は最後の晩餐のようなテーブルと椅子で二人ではしゃいで、隅に並んで座った。ここでもまた、二人共同じものを頼んだ。キューバコーヒーという名前のカルーアリキュールとコーヒーと生クリームが入ったものだ。カルーアの程良い甘さに、幸せな溜息が零れた。

お化粧に最近興味を持ち始めたらしい彼女にドラッグストアで少しだけお化粧を施すと大袈裟なくらいに彼女は喜んでいた。

 

帰り際、彼女は何度も振り返って手を振った。すっかり暗くなった道を、私はバスに乗って帰った。家まで待ちきれずにバスの中で彼女のくれた手紙を読んだ。手紙を読みながら、鼻の奥がツンとするほど熱くなるのが分かった。ここからは、その時の感情を正確に言葉で表すことが出来ないと思う。

カラの花の柄の浴衣を選んだことも、大切な友人から手紙が届いたことも、その子の名前も、手紙を書くために選んだ便箋のことも、最近好きになった曲も、全部あの人に話したいと思っていた私は、当時のその心達を何処へ仕舞えばいいのかわからなかった。私はもがき続ける子どもの様で、本当に恥ずかしい。誰かの言葉に気付くことがあったり、誰かの言葉を自分に言い聞かすことはできても、内側に触れることは誰にもできなかった。彼女の言葉だけがそれを可能にして、私は救われた。大それた人間じゃない。価値など分からない。それでも、私を見つけてくれてありがとう、内側を愛してくれてありがとうと、涙が零れた。

 私たち二人は、はたから見ればとてもとても気持ちの悪いことをしているかもしれない。けれど、私 と あなたはそれだけで息を繋いでいるようなものなのだ。

 

《君はとても可愛い人で 何故か俺は泣きそうになる》

https://youtu.be/1bk3Rwryh8E

ニーナの為に/ART-SCHOOL